お肌のコラム

  • 紫外線による肌トラブル

    2016.09.05

    紫外線による肌トラブル

    夏になると紫外線が強くなり、日焼けする機会が増えてきますね。
    紫外線は、適度に(地域や季節などにより異なりますが、数十分程度)浴びることで1日に必要なビタミンDを生成して骨の形成など健康維持に役立ちます。
    しかし、長期間、UVケアをせずに過剰に紫外線を浴びていると「お肌の光老化」が現れてきます。

    「お肌の光老化」は、「しみ・しわ・たるみ」など、お肌のくすみやハリの低下として現れてきます。ときに、皮膚がんが生じることもあります。

    ① しみ
    紫外線には、波長の異なるUVBとUVAがあります。
    しみは、過剰に日焼けすることでUVBによる黒い色素であるメラニンが大量につくられて、お肌にたまって現れてきます。
    しわ・たるみ
    しわ・たるみは、主にUVAを浴び続けることにより肌のハリを形成しているコラーゲンなどの繊維が変性されて、徐々に生じてきます。

    大事なことは・・・「光老化への日頃からの対策」です。
    そのために必要なことを下記にまとめました。
    よかったら参考にしてみて下さい。

    サンスクリーン剤を日常的に使用する。

    ポイントは、しみ・しわ・たるみへの予防のためUVB・UVA両方に有効なもので、SPFが15以上・PAが+以上のものを使用するのが良いです。
    やや厚塗りにすること、2~3時間ごとに塗り直しすること、汗で流れたら早めに塗り直しすることも大切です。

    *SPF10は、UVBを浴びると15分で赤くなる人(日本人の肌では平均的には15~20分)が15分×10=150分の露光に耐えられることが期待されているということです。しかし、実際には塗る量が少ない・汗や水の影響を受ける・屋外で使用するなどの理由から表示されている値より低くなることが多いです。
    PAは、UVAを防ぐ効果を示し、最大PA++++になります。

    日傘や帽子、袖や襟のついた服などを用いて紫外線を防御する。なるべく日陰を歩くようにする。

    晴れの日には意識して対策をされている方が多いですが、曇りの日でも晴れの日の60~80%の紫外線が降り注いでいることもありますので注意が必要です。

     

    他にもお肌のトラブルで気になることがあれば、どうぞお気軽にご相談下さい。